マタニティブログを始めたはずが、3度の流産を経験・・・不育症ブログになってしまいました。でも、2009年6月21日ついに、わが子と会えました!
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも、読んでくださりありがとうございます。ポチッっとしていただけると、大変嬉しいです♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へにほんブログ村 マタニティーブログ 不育症から妊娠へ
にほんブログ村
不育症は、出産するまで不安がいっぱい。
このブログが少しでも、どなたかのお役に立てれば幸いです。
妊婦さん達のブログです☆
★★★コメント欄を空けている場合、如何わしいコメントが増えたので、コメントは「承認後の公開」とさせていただきます。 承認が遅くなってしまう事もあるかと思いますが、よろしくお願いします★★★
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
出産後記[カプロシン自己注射]
 
 
【2009/08/05 21:25】
 
 
出産して、早いもので1か月が過ぎ、先日、お宮参りも無事に済ませることができました。
さゆちん(我が子の呼び名)は、とっても元気に成長していると思われます。
苦労していた授乳も、少しではあるけれど上手に出来るようになってきました。
寝不足になったり、腱鞘炎になったり、大変な事はあっても、やっぱり、我が子の顔を見ていると、「あ~良かった。」と、幸せな気持ちになります。

そして、辛かったカプロシン自己注射も、頑張って良かったな~って…
注射で、黒くなった痕も、だんだんと薄くなり、今は、注射が辛かった事なんて、忘れつつあります。


と、いうことで、お世話になったカプロシン自己注射のまとめでも。



カプロシン1


(私の場合)

■自己注射をした期間■

産前:
4週4日の夜から40週0日(予定日)夜まで。
(2泊3日の教育入院がありました)
*陣痛が来るまで打つ事になってましたが、破水したため、ここで終了となりました。

産後:
6時間後から、3日間(6回)

■注射を打った回数■

503回(1日2回朝、夜)

カプロシン2
空のバイアル。これ、どうしようか考え中(笑)


■打った場所■

左右の横下腹と、太ももの内側を交互に。
*お腹は、お腹が大きくなって打つのをやめました…なんとなく、気分的に。

■辛かった事■

・毎日同じ時間に打たなくてはいけないということで、時間の制限が出来ること。
出かけていても、注射の時間に合わせて帰宅したり、朝も目覚ましをかけずに、好きなだけ寝ると言うことが出来ない。など。
外出先での注射も何度かしたけど、場所の確保や、持ち運びなど気を遣います。

・だんだんと、打つ場所が無くなって来た事。
座り方や体勢を変えると、新しく打てる場所が見つかることもある事を発見してからは、すこし楽になりましたが。。。やっと見つけて刺した所が血管だった時とか、ちょっと凹みましたねぇ…

↑↑↑こういうことが辛くても、「自己注射のお陰で、赤ちゃんが無事に育ってるんだから、辛いとか思っちゃいけない…辛いなんて思う私はダメな母親だ…」と、自己嫌悪になってしまうこと。
ブログで辛いと書いても、「自己注射でうまくいってるのに、何贅沢言ってるの?」とか思われそうって思ったり。。。

やっぱり、家計??保険がきかないのは痛い。

■乗り切り方■

とにかく、「これで今度こそ、無事に出産できる!」と、思い込む。
時には「これで、ダメだったら。。。」って思う事もあったけど、そう思ってたら続けていくことなんて、出来ません。注射が大嫌いの私が、自分で注射を続けるには、「これをしなかったら、ダメになる」くらいに追い込まないと無理だったのかも?

あとは、お腹の中の赤ちゃんに「がんばるよ~」「頑張ろうね~」と話しかけたり、注射の間は、「頑張れ、頑張れコーリークー」とかけ声をかけました。

薬を入れている間(注射器を押す時)は、息をフーーーーーッっと吐きながら。

ちなみに…産後の注射は、看護師さんがやってくれたんだけど、なんだか、人に打ってもらう方が痛いかも?打つ場所が腕だったからかな??
皮下脂肪たっぷりの場所がやっぱり痛くなくていい(笑)?



あと、何か書いておいた方が良いことってあるかな~

思いつかないんだけれど、

今、自己注射をしている方、これからされる方・・・

「赤ちゃんのため」ってわかっていても、辛い時は辛いと思います。
「何で自分は、こんな事しないと出産できないのかな」とか思って切なくなることもあるかもしれません。
そういう気持ちになっても、自分を責めたりせず、辛いものは辛いと吐き出しながら、頑張ってください。
私は、「辛いって思ったら、また赤ちゃんが帰ってしまうのではないか?」と不安になった事もありましたが、赤ちゃんには「お母さんが辛いと思っても、気にせず、とにかく元気に育ってくれたらいいからね」と、予め話しておきました☆


なんて、偉そうな事を書いてしまいましたね。

注射の辛さを忘れそうなんて言いながらも、今は、まだ、また注射をしながら2人目…なんて考える余裕はありません(^^ゞ
注射から解放された今は、とっても楽なんですから…

「よく頑張ったな自分。」って思います(笑)


そして、大変だったとは言え、この治療のお陰で、無事に我が子に会えた事には、感謝しなくてはと、思っています。



なんだか、まとまりのない中途半端な内容になってしまいましたが、とりあえずカプロシンを終えて…ということで書いてみました。


足



いつも、読んでくださりありがとうございます。ポチッっとしていただけると、大変嬉しいです♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へにほんブログ村 マタニティーブログ 不育症から妊娠へ
にほんブログ村
不育症は、出産するまで不安がいっぱい。
このブログが少しでも、どなたかのお役に立てれば幸いです。
妊婦さん達のブログです☆
スポンサーサイト

テーマ:習慣性流産、不育症 - ジャンル:結婚・家庭生活

★★★コメント欄を空けている場合、如何わしいコメントが増えたので、コメントは「承認後の公開」とさせていただきます。 承認が遅くなってしまう事もあるかと思いますが、よろしくお願いします★★★
 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。